木下式極細スレッドリフト

このスレッドは極細糸を多数用いて行うリフトアップです。トゲもついてなくすごく細いので施術される時の衝撃は本当にましです(太い糸のスレッドに比べて) 。

最近進化しました太めのトゲトゲのついた木下式スレッドリフトは一本でググッとあげますが、この太めのスレッドはどちらかというと表情筋に沿って持ち上げる施術です。

スレッドリフトは「細いスレッドを多数」用いる施術で線ではなく面で持ち上げる感じです。たるみは表情筋が落ちるだけではおこりません。

表情筋を鍛えるだけでは たるみは改善しません。なぜなら 皮膚の厚みが、その上を滑り降りて下がるから。

こちらのスレッドは以前に流行りました細い糸を多数入れてのリフトアップの進化版です。実はこの施術が今見直しされています。

たるみがおこる原因として 表情筋がゆるむことと、皮膚組織の真皮層のコラーゲンがなくなり、皮膚の厚みがゆるゆるになって落ちることがあげられます。

ねた状態でたるんでない顔が 起き上がると顔がおちてたるむーーそれは起き上がると顔の「お肉」の皮膚組織が骨や表情筋から下にずれ下がっておこります。

硬いゼリーは持ち上げても プルプルで落ちないですが、 ゼラチン(コラーゲンの働きのような)の少ないゼリーはゆるゆるでもちあげるとボタボタ落ちますよね。

このゆるゆるになった皮膚の厚みを プルプルのしっかりしたピチピチの質感に誘導してたるみ治療するのがこの施術です。

極細スレッドが ご自身のコラーゲンの代わりとして働きプルプルの皮膚にして皮膚を上向きにリフトアップさせ、その後スレッドがご自身の本当のコラーゲンを誘導して 皮膚厚み自体が骨や表情筋の上に保たれ(表情筋にしがみついて)てピチピチの皮膚を導きます。

木下式スレッドリフトは 少し深めの組織からググッと持ち上げるので 少ない本数でのリフトです。 こちらの木下式極細スレッドリフトは本数は多いですが、一本一本が細いので施術の痛みが少なく内出血などのリスク低めです。木下式極細スレッドは少し浅めの組織の持ち上げリフトです。スレッドが細く短いので 顔の頬や顎など引き上げたいところの部位が細かく設定できます。木下式極細スレッドリフトは その方のたるみのポイントを捉えて集中して施術していくところが違いです。

施術料金

10本 33,000円(税込)

※初診の場合は、初診料3,000円(税込)が必要となります。
※木下医院長が自ら施術します。