PRP療法に変わる最新鋭のサイトカイン療法療法

AGFサイトカイン療法療法
自己由来成長因子を使った、最先端の再生医療

自己由来成長因子を使った、最先端の再生医療

当クリニックで治療する再生医療『サイトカイン療法(※1)』は、一般的な『PRP療法(※2)』の施術とは違い、患者様自身の脂肪細胞を使用した自己由来の成長因子を注入する、再生医療の最新治療法となります。

安全性も高く、しみ・しわ・たるみ・薄毛治療などにも効果的で多くの患者様にも喜んでいただけると考えております。

※1:自己由来成長因子療法(Autologous Growth Factor)
※2:自己多血小板血漿療法(Platelet-Rich Plasma)
※平成26年11月25日に『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』が施行されました。

サイトカイン療法と、他の治療法との比較

患者様自身の脂肪幹細胞由来の因子を専用ラボで培養

患者様自身の脂肪幹細胞由来の因子を専用ラボで培養

長年細胞の培養を研究してきたラボにて、患者様の脂肪組織米粒2個分ぐらいと血液を採取し、培養します。
その培養過程で発生するタンパク質から、Autologous Growth Factor を抽出。 抽出した Autologous Growth Factor を治療に活用いたします。

1回の培養で、注入に使用する分6回分とスキンケア2か月分ぐらいが作成できます。
すべて注入としてですと12回分作成できます。

サイトカイン療法の施術工程
サイトカイン療法の施術工程