たるみ治療・しわケア

たるみ治療・しわケア
木下香里医師が直接照射します

木下香里医師が照射します

解剖学的知識で顔の骨格とそれに付随するたるみがきている表情筋や筋膜、脂肪組織、年齢とともに伸びてくる皮膚を観察しながら医師が照射します。
レーザーの効く層やレーザーの効果性質を考えながら、木下皮フ科クリニックでは医師が直接照射しています。

顔には表情筋やそれを支える筋膜、脂肪組織があり、年齢とともに筋肉はのびてたるみ、支える力は衰えてきます。
また顔の脂肪組織は年齢とともに脂肪のボリュームは減少し、皮膚はのびてきます。

しかしその老化現象の現れ方はその方によりさまざまな様子で出現してきます。
木下皮フ科クリニックではその方の“老け方”を解析しその“老け方”に効果的な施術と照射方法で“老け”のサインに効果のあるポイントに治療していきます。

たるみ、ほうれい線のくぼみしわ

加齢とともに 肌を支える表情筋の力が弱くなり頬全体が落ちてくる、たるみ感が強くなってきます。頬の位置が落ちますと、ほうれい線に皮膚のたるみが押し寄せてほうれい線がくっきり。
顎フェイスラインがよれよれに。たるみを引き上げ自然な若返りを希望され、切らずにたるみを引き締めたい場合には、木下皮フ科クリニックではウルセラリフト、イントラジェンがおすすめです。  即効性もあり持続力の高さも魅力です。

たるみ治療の基本方針

ほうれい線には皮膚の最も深部たるんだ筋層を治療する4Dリフト、スマイルリフトが最先端の治療です。
他に皮膚表面からのアプローチのウルセラリフトイントラジェン高周波(RF)機器もあります。

ウルセラリフトで筋層の皮膚の深い層からぎゅっと引き上げ、イントラジェン高周波で肌を引き締め、減少したボリュームをヒアルロン酸で補うことで たるみの改善を促します。
ヒアルロン酸などの注入のかわりにウルセラリフト でシワに集中してあてて治療できるすることもできます。

4Dリフト、スマイルリフト

スマイルリフトは 口腔内からレーザーを照射するという 今までにない発想で皮膚のリフトアップ、肌の弾力を挙げることを可能しました。

口腔内は熱いコーヒーを飲んでも やけど しません。(皮膚表面に熱いコーヒがかかると危険ですが。)口腔内から熱をあたえる方が皮膚表面から与えるより痛くないですし、たくさんの熱を与えらます。またやけどのリスクがありません。
スマイルリフトは 皮膚裏側からレーザーで 皮膚表面から一番深い部位を治療することができる 今までの常識を打ち破るアプローチを可能としました。

たるみ治療で“老け”のサインを治療

年齢とともに、知らず知らずのうちにすこしづつ忍び寄る顔のたるみ。
木下皮フ科クリニックでは、たるみ治療器ウルセラリフト イントラジェンを行っています。照射方法などいろいろな医師の先生方のセミナーや意見をお聞きし、1回の治療でも高い治療効果と持続力を得られるよう頑張っています。

更にたるみのシワに“部分”で照射し、治療する方法も行っています。
照射レーザーを“部分照射”し たるみシワを浅くすることが期待できます。ヒアルロン酸注入だけでなく、たるみやたるみしわに選択肢が増えてきたと思っています。

更に口腔内からレーザーを照射し タルミある皮膚の一番深い層を直接治療することができるスマイルリフトをしております。
頬の引き締めを行ない、ほうれい線のたるみをひきあげます。目元の頬のしわ、ゴルゴラインにはスマイルアイリフトを行い、目の結膜側から皮膚にレーザーをあててしわをもちあげて消していくことを図っています。

ウルセラリフト

ウルセラリフトは頬の深部にあるこのSMAS筋膜を引き上げます。
ここはフェイスリフト手術で引き上げるところです。そのためウルセラシステムが「切らないフェイスリフト」と例えられます。

もちろんほかの筋肉にも効きますので、例えば額の筋肉などを引き上げますと、加齢により眉がたるみ下がってきているのを上にあげます。顎下のたるみにもあてて顎下の筋肉を引きあげてすっきりさせることが可能です。

イントラジェン

高周波治療器で熱により皮下組織を強力に温め、与えられた熱によりご自身のコラーゲン再生の力を利用して中身をみっちりつくりあげます。年齢を感じさせるたるみの皮下組織の層に働きかけ皮膚深層を安全効率的に加熱し強力な引き締め・リフトアップ効果を実感していただけます。

ヒアルロン酸注入

スマイルリフトは 口腔内からレーザーを照射するという 今までにない発想で皮膚のリフトアップ、肌の弾力を挙げることを可能しました。

口腔内は熱いコーヒーを飲んでも やけど しません。(皮膚表面に熱いコーヒがかかると危険ですが。)口腔内から熱をあたえる方が皮膚表面から与えるより痛くないですし、たくさんの熱を与えらます。またやけどのリスクがありません。
スマイルリフトは 皮膚裏側からレーザーで 皮膚表面から一番深い部位を治療することができる 今までの常識を打ち破るアプローチを可能としました。

ニュートンコグ N-COGリフト

N-COGスレッド スプリングスレッドという溶ける糸を使い、たるみを改善する施術です。
切らないフェイスリフトです。

ニュートンコグ N-COGリフトは、先が鈍になっているカニューレでジグザグのコグの付いている溶ける糸をいれて引き上げます。
糸自体は細いので入れた直後に糸をいれた部位が盛りあったり赤くなることはごく軽度です。
フェイスラインのたるみ、顎下のもたつき、ほうれい線などが気になる方で、お顔にメスをいれないでできる施術です。

老け顔はどのようにしておこるか

老けてきた顔とはどのような変化が起こっているのでしょうか?

1

顔の表情筋が弱って衰えて、伸びて薄くなる

2

表情筋が弱るため、皮下の支持組織が“地すべり”をおこして皮下の組織が下に向かって下がってくる

3

顔面の脂肪組織が萎縮しボリュームが減り、しぼんでくる。
頬がくぼむなど。

4

皮膚の厚みが薄くなる、はりがなくなる。
皮溝をよばれる皮膚表面の溝がバラバラになりキメがなくなる。
しみや色むらがでてくる。

5

頭蓋骨の眼窩のくぼみがひろくなるため、めもとの支えがなく脂肪組織もボリュームロスをおこし目の周りがくぼんでくる。
鼻腔の骨がやせてくるため鼻腔をふくめ鼻の幅がひろくなる。口唇もやせて薄くなる。

シワ・たるみの治療法

  • たるみ治療

顔のたるみの治療には、木下皮フ科クリニックではウルセラリフトやイントラジェンによる照射をおすすめしています。
皮膚皮下深層組織まで エネルギーを伝達させることが出来、即時的なリフトアップ効果と、その後続く 肌の引き締め効果があります。

即時的効果の高さと、長期に渡る持続性は、いろいろな実証があり多数の論文もあり、この治療効果は、広く知られています。

  • 照射方法による効果的な治療

木下皮フ科クリニックでは、その方一人ひとりの顔のたるみを感じさせる部位を木下香里医師が筋肉の動きなどを解析し、その方にあった独自照射方法を考え木下香里医師が丁寧に反応を実際に確認しながら照射を行なっていきます。
直後の改善の実感度を高めつつ、長期的な持続力を高めるよう照射しています。

照射1回の治療でも、治療直後のリフトアップ効果から、その後に続く引き締め効果によって、たるみの改善が進んでいくことが実感できると期待できますが、3か月から6か月に1度のペースで継続していくことで、より相乗作用を伴って 顔のたるみが改善させていきます。
定期的に照射を行なっていただくことでより高い効果を得ていくといえます。