シミ治療(そばかす,しみ,アザ)

シミ治療(そばかす,しみ,アザ)
最新のシミ、そばかすの治療のトレンド

最近のシミ、そばかすの治療のトレンド

最近のシミ、そばかすの治療のトレンドの第一選択としては、シミ、そばかすの治療としては最新の光治療機器を施術し“まずは”薄くしていくのが第一選択となりました。

光治療器はガーゼ保護なしでいけます。コンシーラーやファンデーションは施術後からぬれます。

当院では光治療器ライムライトは、木下香里医師が直接反応を観察しながら照射いたします。 IPL光治療器ライムライトと、QスイッチYAGメドライトC-6をベースとした治療を行っています。それぞれの治療機器の効果を出しながら、安全に治療を提供していきます。

またライムライトとともにジェネシスの施術を同時に行いますと、ジェネシスのロングパルス効果で代謝がよくなり、色むらを代謝で押し出す効果があり、さらに肌がきれいになります。
また施術後のイオン導入はレーザー治療の効果をよりだす作用があり、トランサミンのイオン導入していただくとしみの抜けるのがさらによいです。

美肌治療はいろいろなレーザー治療を組み合わせて

状態に合わせたコンビネーション治療

シミ,肝斑,毛穴の開き,美肌治療はいろいろなレーザー治療を組み合わせて

皮膚肌の治したいところはしみもあればシワも毛穴開大も治したいし、、しかも若い肌になるにはハリもつやも必要です。

それらには一つではなく、いろいろな複数のレーザーを施術し、またスキンケアを組みあわせて相談させていただき、効果をだしていきます

シミの種類

シミ(日光性色素斑,老人性色素斑)

加齢や紫外線を浴びることで最も出来やすいシミです。通常シミと言われる丸いあるいは楕円形の境界のはっきりした茶色斑です。日光性色素斑、老人性色素斑などと診断されます。

治療法

日光性色素斑は数が多い場合が多いため 木下皮フ科クリニックではライムライトを主として行います。反応のないシミには必要に応じてQスイッチヤグレーザーを併用することもあります。

雀卵斑(そばかす)

直径3~5mmほどの茶色い小さいシミが、両頬から鼻にかけて多数出るシミです。遺伝的素因もあるといわれています。紫外線を浴びると濃くなることがあります。

治療法

木下皮フ科クリニックでは主として光治療ライムライトを用いております。

くすみ

ストレスや加齢に伴い皮膚の新陳代謝が遅くなり不要となった角質が剥がれ落ちず溜まってしまい、色むらがでて透明感がなくなり、それに伴いメラニンの排出が滞りますます肌色がくすみ、肌質もよくなくなります。

治療法

フラクセル3デュアルは皮膚の入れ替え。究極の肌入れ替え治療です。

後天性真皮メラノサイトーシス (ADM,遅発性太田母斑,あざ)

額の両端、頬骨部、鼻翼部などに、直径1-3 mmの灰褐色の色素斑が、多数みられます。皮膚の深い(真皮層でメラニンが存在しているため、暗めの灰褐色に見えます。

治療法

Qスイッチヤグレーザーを使用します。ガーゼ保護を基本必要としません。施術直後からメイクをすることができます。

肝斑

肝斑は 両頬に境界不明瞭な左右対称性の色むらのような色素斑として現れることが多いです。摩擦や刺激が色むらの原因と言われており、摩擦や刺激に敏感な肌質の方にでやすいと思われます。

治療法

以前は肝斑にレーザー照射はかえって悪化させるために禁忌と言われていました。現在は肝斑に対して有効なレーザー治療が提唱され行われるようになりました。レーザートーニングは肝斑用に考えられた照射法です。トラネキサム酸内服を併用することもあります。日々のスキンケアの皮膚刺激で悪化させている場合がありますので、優しくお手入れしていただくようお願いすることがあります。